中森製薬株式会社

ホーム 会社概要 製品紹介 ご注文方法
製品紹介




製造販売元:中森製薬株式会社 製造承認番号:20動薬第1624号
規制区分:動物用医薬品 剤型:造粒散剤 共済薬価基準:適用 日本標準商品分類番号:879319

  特 徴

 
新中森獣医散[Z]は、従来の「新中森獣医散」粉末製剤を造粒した「造粒散剤」の製剤です。
水やミルクに馴染みやすい剤型で、経口投与しやすくなりました。
「新中森獣医散」は愛称で古来から「ねらぐすり」*と呼ばれています。
休薬期間はありません。

「ねらぐすり」とは・・・愛称。動物の内臓の病気を内罹(ないら)と言い、「ないら」がなまって「ねら」となったもの。


  効 能

 
消化器疾患、消化器衰弱、食欲不振における症状改善。
下痢における症状改善。胃炎、消化器潰瘍、便秘、疝痛。


  用法及び用量

  下記の量を1日1~3回経口投与する。

体 重 1回投薬量
300kg以上 15g~60g
100~300kg 7.5g~30g
100kg以下 3.75g~15g

緬羊
山羊
100kg以上 3g~12g
30~100kg 1.5g~6g
10~30kg 1g~4g
10kg以下 0.6g~2.4g
 
体 重 1回投薬量
300kg以上 10g~40g
100~300kg 5g~20g
100kg以下 2.5g~10g
大雛、成鶏 0.07g~0.28g
中雛 0.035g~0.14g
幼雛 0.0175g~0.07g
 
体 重 1回投薬量
20kg以上 0.7g~2.8g
5~20kg 0.35g~1.4g
5kg以下 0.175g~0.7g
3kg以上 0.15g~0.6g
1~3kg 0.075g~0.3g
1kg以下 0.0375g~0.15g


  成分及び分量

  30g中
日局 茴香末 1.5g
日局 大黄末 2.0g
日局 甘草末 1.0g
日局 陳皮末 1.5g
日局 苦木末 1.5g
日局 牡蠣末 2.0g
賦形剤 日局 桔梗根末 2.0g
賦形剤 日局 川芎末 1.0g
 
日局 重炭酸ナトリウム 2.0g
日局 ゲンノショウコ末 1.5g
日局 人参末 1.0g
日局 莪述末 1.0g
日局 厚朴末 1.0g
   
賦形剤 苦棟皮末 2.0g
 
日局 炭酸カルシウム 4.0g
日局 香附子末 1.0g
日局 黄柏末 2.0g
日局 黄芩末 1.0g
日局 カミツレ花末 1.0g


  投与方法

 
経口投与は投与しやすい容器に「新中森獣医散[Z]造粒散剤」を必要な1回投与量を入れ、
その後、水またはぬるま湯を100ml程度入れ、撹拌して経口投与します。
哺乳ロボットも機種によりますが、水やミルクと混合して投与できます。
【注意】鶏の飲水投与器はノズルが細いため、使用できません。


  包 装

 
産業動物用  造粒散剤 1包15g×50包入、30g×25包入、10kg(1kg×10袋、5kg×2袋、10kgクラフト袋)入  
競 走 馬 用  造粒散剤 1包15g×50包入、10kg(1kg×10袋)入


  使用上の注意

 
(一般的注意) (1) 本剤は効能・効果において定められた目的にのみ使用すること。
  (2) 本剤は定められた用法・用量を厳守すること。
(対象動物に対する注意) (1) 副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。
(保管上の注意) (1) 小児の手の届かないところに保管すること。
  (2) 本剤の保管は直射日光、高温及び多湿を避けること。
(その他の注意) (1) 本剤の配合成分である甘草末は、ヒトにおいて肝機能障害及び黄疸があらわれることがあるとの報告がある。


  その他

 
国際特許(日本、中国、香港、米国、EU14ヵ国)取得及び国際商標(日本、中国等)登録


製品紹介に戻る


中森製薬株式会社 NAKAMORI PHARMACEUTICAL CO.,LTD
宮崎県宮崎市佐土原町東上那珂17880-35 宮崎テクノリサーチパーク内
Miyazaki Techno Reseach Park, 17880-35 Higashi-kaminaka, sadowara-cho, Miyazaki-City MIYAZAKI 880-0303 JAPAN


Copyright(C) Nakamori medicine manufacture Co., Ltd. All rights reserved.